ひっそり活動中


by ゴボウ剣

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日常
装備品・リエナクト
サバゲ・トイガン
経観塚警防団
東淀川水雷戦隊
武装神姫
模型・フィギュア等
漫画・映画等
Second Life
画像
その他
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

共栄圏

「アカイイト」応援バナー


arcane753. オリジナルストーリーミニアルバム『羽ノ亡キ蝶』



【共栄圏】


管理人:キルヒェ氏



かつての愛すべき馬鹿共


日本トラバントクラブ
管理人:kei氏
(保存会です。自分も少し関わってます)



【バナー(仮)】

(200*73 px)
リンクフリーです。

検索

ファン

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
コスプレ

画像一覧

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

COP357ロング

研修前日でネタもないので部屋にある銃をレビューしていくぜ!
ごぼけんです。





a0255911_22321371.jpg

COPとはセンターファイア・オニキリ・ピストルの略であり、357マグナム弾を黒染め長銃身から撃ち出すアグレッシブなスタイルは、まさに鬼切りのためのウェポンと言えるだろう。それまで鬼切部ではデリンジャーやスナブノーズリボルバーといった小型の銃器を携行していたが、デリンジャーの老朽化や、リボルバーを構えて近接戦闘に入った場合、シリンダーをつかまれるとダブルアクションで射撃できなくなるという短所が明らかになった。そこで外的要因に射撃を左右されないペッパーボックス型に注目が集まり、若杉精機の地下試験場でトライアルが開始された。試験の結果、黒染めロングバレルというスタイルの拳銃が誕生し、鬼切部の切り札として活躍した。
(厨二メモより)


俺の黒歴史とかはこの際置いておくとして、マルシンの数少ない架空銃、COP357のブラック・ロングバレルです。もともとステンレスモデルの銃です。
a0255911_2303213.jpg

まるでロケットランチャー・・


a0255911_230528.jpg

メカ部分。赤い点は「次こっから弾出るよ」というインジケータで、トリガー引くとクルっと回ってルート切り換えするようです。


a0255911_2315054.jpg

サイド。DAオンリーですが非常に遊びが大きいトリガーで、固定ガスガンのトリガープルと相まって精密射撃には向きませぬ。


a0255911_2323619.jpg

逆サイド。グリップ横、トリガー付け根にマニュアルセーフティがついております。
グリップ背面はメタルで、たぶんタンクの冷えが〜とか体温で温め〜みたいなメリットがあるのかと。


a0255911_2333619.jpg

サイトピクチャ。もともとウンと近づいて撃つ銃なのでDAでもいいのでしょう。しかしなんのためのロングバレルか・・こまけぇことは(ry


a0255911_2342912.jpg

M1911A1と。実際ぶあついです。しかし装弾数は4発。ロングバレルでコンシールドキャリーとかいってられないサイズになってしまった上にチーフより1発少ないですが、こまけぇ(ry



このようにマルシンさんの漢気が具現化されたようなCOP357でありますが、実際かっこいい(ように見える)のと値段が実際安い、そして6mm/8mm、黒/銀、ロング/ショートと出てるのでCOPのスタイルにビビっと来た方は買ってみてもいいでしょう(80年代から映画にチラっと出てる銃だけど最近はアニメでも見るようになったしのう)。もしくは厨二的な設定でも考えてあげるのが正しい楽しみ方になるのでは・・
[PR]
by borzaja | 2013-02-25 23:10 | サバゲ・トイガン | Comments(0)

ゼミ旅行に行ってきた

ICSガーランドついに発売で春早々に財布への本格的な攻撃が・・・
ごぼけんです



というわけでゼミ旅行記。
a0255911_15364072.jpg

公費でビールクズとかちょっと夢だけど、そーゆー金ではなくて学費の余りで小旅行と言う感じなんだな。しかし費用との折り合いでまさかの俺の卒論のフィールドということに。知ってるところすぎる・・w


a0255911_15375085.jpg

瀬戸内なので牡蠣とかミカンとか名物。うまかった・・・


a0255911_15385775.jpg

山と海で相変わらずいい感じ。でもサムゥイ!


a0255911_15394593.jpg

とある島には贋金を作っていた男が潜んでいたという洞窟が。オソロシク険しくて実際エキサイティンである。


a0255911_15404425.jpg

入り口。


a0255911_15412434.jpg

中では天の邪鬼が踏まれていた。


a0255911_1541545.jpg

出口から上を見るとこんな感じ。


俺「!?」
a0255911_1542462.jpg

翌日、本州側の山にある展望台から。謎の落書きにヤツらの存在を感じた・・ウカツ!


備前焼の里なので場所は想像着くと思う。
a0255911_15433953.jpg

古窯の跡を見学したり地元の食材を使った料理を楽しみつつ(同行した女子いわく「3年分の牡蠣食ったよー」)帰って来た。
その夜は警防活動withすずめ曹長。いつもより開始時間遅めだったけど今やれることは今のうちにやっておかねばならない・・・!M.O.Eの活動もやりたいのう。
[PR]
by borzaja | 2013-02-23 15:56 | 日常 | Comments(0)

白昼警防記

俺「人間さらってイヨマンテ!」
ごぼけんです。



伊達か酔狂かはたまたマジキチか!?西成に驚異のカフェ開店!!
その衝撃的ニュースは、まとめサイト1面を飾った!!!
a0255911_13234299.jpg

原始のままの西成、そこには、吾々の想像をはるかに超えた謎が数多く隠されている!!



す「いつも思うねんけどOPいるん?」
俺「ライアーソフトをなめてはいけません」

その謎に、吾々調査班が挑んだ!!堺筋走破することまさに1300m!!!!!
はるか彼方、新たな大阪を象徴するかのように「あべのハルカス」がそびえている。そのふもとに広がる混沌とした町並み。雨中の強行軍は、困難を極めた。隊員たちの顔にも、疲労の色が濃い。しかし、ここで捜索を断念するわけにはいかない!
a0255911_13315258.jpg

鴨つけうどん。
もとい、吾々捜索隊は、真相を究明すべく、先へ進まねばならない!鴨ダブルは食べごたえがありそうだった。


俺「くっ、どこにあるんだ・・!」
事前の情報収集では詳細な位置情報を得ることはできなかった!わずかに得られた地名から大まかな位置を割り出し、その内部を調べる「スクエア・サーチ」を行なった。
俺「あれは・・・!!!」
一見するとただの下町の商店街めいた町並みだが、注意深く観察すると思わぬ発見に遭遇した!!!
俺「軍足1ダース500円!?!??」
a0255911_13372852.jpg

軍足とは、今や作業用手袋として知らぬものはいない軍手と並んで大日本帝国軍で用いられた作業用靴下である!!直線的なラインを採用し、かかと部分を作らないことによって「フリーサイズである」や「90度ずつ回して履くと4倍長持ちする」などの利点がある皇軍必携アイテムだ!!ちなみに未使用の軍足は食糧袋としての側面もあり、米を入れて背嚢につめたりするぞ!!!
俺「オシャレは足元から!さっそく確保しよう!!」
す「隊長!あれを・・!!」
なんと、レジに店員がいない!これはいったい、どうしたことか!?
"表の喫茶店に声をおかけください"
これもまた、下町にありがちな光景であった!アーバンでトレンディな警防活動に慣れてしまったことを後悔した!!


意外な収穫に沸いた吾が警防団。しかし、最も重要な目標にはまだ到達していない。もはやこれまでかと諦めかけたその時、
す「あった!!!!」
a0255911_13453329.jpg




a0255911_13453988.jpg

これが、吾々の探し求めた驚異の店、「おかいこさまカフェ」の全貌である!!
近年あちこちに形成されつつある「賃料の安い地域にサブカルめいたお店を開く意識の高い若者たちのお店」ぽくも見える。
入店すると、なにやら店内が薄暗い。奥のスクリーンに、何かが投影されているようだ。
おっさん「ナウシカ」
俺「アッ、ハイ」
店員か客か一見すると分からないオジサンが単語を発する。思わずアッハイとしか返すことができなかった!!ひょっとするとオジサンはニンジャで、何か見てはいけない映像を見てしまった吾々の精神に働きかけ、ただナウシカが放映されているように見せたのかもしれない。西成には驚異がたくさんであった!!!

「おかいこさまカフェ」とは生糸を生産する上で不可欠な虫、カイコガの幼虫の癒される動きを眺めながらドリンクが楽しめる新感覚カフェなのだ!2chやまとめサイトでは「マジキチ」との評価が多かったが、はたして・・!
俺「じゃあ桑茶」
す「カプチーノで」
ドリンクが運ばれてくるまでの間、木枠に納められた蚕を眺めて過ごす。朝日のウェブニュースではなんかカフェっぽい皿に幼虫が乗せられた写真が掲載されており、「皿に乗せてやるなよ」「喰うのか・・?」とコメントがつけられていたが、なんとあれは朝日による「カフェっぽいものとあわせて写真撮りたい」という意図の上での演出だったのだ!!
メディアリテラシーの重要性を認識しながら、運ばれてきたお茶を味わった。

隊員たちは基本的に蚕に興味津々である。化学繊維が普及し、海外からも安い衣料が輸入されまくるようになるまで、吾が国での養蚕は主要産業のひとつであった。桑畑のための地図記号が存在するのも、生糸の生産がどれほど重要か知るには充分であろう。


以下おかいこさまの写真。




a0255911_141342.jpg

現在吾が国が世界トップクラスの技術を有しているのも、ひとえに蚕の働きで近代化が進んだおかげと考えると、なんとも侮れぬ虫ではないか・・!
ごぼけんさんが個人的にリスペクトしている生き物のひとつである。

a0255911_1425574.jpg

桑茶。ナッツのような独特の香ばしさがあった。

ちょっと養蚕について語っていい雰囲気になっていた吾々だが、まだ西成の地は謎を用意していたのだ。
おっさん「ホルモン」
俺「えっ」
おっさん「ホルモン食べるか?」
俺&す「アッハイ」
このおっさんまじで何者なんだ。店員さんではなさそうだが・・苦笑しながら語った店長さんによれば地域の人とカンパで成り立っている活動の一環のようだった。とりあえずホルモン料理をいただく。なにやら衣がついていて、揚げられているようだ。ホルモンの新しい料理法に驚いた吾々だが、おいしかった。
おっさん「ホル天やな」
俺&す(無尾翼機・・・)


このように、全容はベールに包まれている東亜の混沌・大阪の地。しかし吾々調査班の活躍によって、またひとつ謎が明らかにされた。しかし、この成功に酔いしれている場合ではない。
俺「また新たな謎が!?」
新たな発見を求めて、走れ!警防団!!



ちなみに「おかいこさまカフェ」は幼虫たちが繭になる2月末までらしい。行きたい人は早めに行くといいんだな!
[PR]
by borzaja | 2013-02-19 14:14 | 経観塚警防団 | Comments(2)

ゴボウケンソルジャー訪欧編(4日目〜最終日)

後半の日記うpしますとかいいながら渋で立折襟の軍服の良さを実感していてこんな時間に。
ごぼけんです。

4日目
クロアチアに入ると相変わらずの雪。社会主義チックさが残る町並みとよく合っておりました。
a0255911_1543972.jpg

MiG-21のモニュメントとかあってテンション上がったんだけどバス移動中で写真撮れなんだ・・(


この日は自然公園見学だったので次第に山の中へ。
a0255911_1561130.jpg



ゆきーのしんぐ(ry
a0255911_157393.jpg

もうなんか雪積もりすぎて見学どころではなかった。夏は観光客でごった返すそうなのでこれはこれで貴重な体験な気はする。

a0255911_1593560.jpg

a0255911_203225.jpg

a0255911_1584185.jpg



移動中に見かけた「売り出し中」の建物。
a0255911_2555056.jpg

剥げかかっていたけど白く塗られ、裏表にUNの文字が書かれていた。国連部隊がいたのか、砲撃よけに書いたのかは不明・・


ホテルは自然のど真ん中にあり大雪なので事件のひとつでも起こりそうだったけどそんなことはなかったぜ!
a0255911_215765.jpg

a0255911_224877.jpg

大雪のホテルといえば双子の女の子の幽霊も欠かせないけどそれもなかった。

5日目
南下してアドリア海が近くなると雪は消えて気温も上がってきた。
a0255911_235836.jpg


この日は世界遺産ディオクレティアヌス宮殿跡の見学。4世紀頃にローマ皇帝の離宮だったところが、15〜6世紀に人が住みはじめ、勝手に増築を重ねてなんかとんでもないことになっていたのを1950年代に掃除してローマの遺跡出てきた!と観光資源として整備されたところ。これは決戦の地にピッタリじゃねえか・・!
a0255911_2492831.jpg

建造物の推移。現在、地下は市場になっている。


a0255911_284867.jpg

何があったのかについては軍機に触れるのでお答えできない・・


皇帝の霊廟だったところをキリスト教徒が破壊して聖堂に改修したとのこと。
祀られてる司祭は同皇帝に処刑された人物なのだそう。
a0255911_295180.jpg

a0255911_2101731.jpg

a0255911_2103421.jpg

写真OKだったのでちょっとだけ撮影。


6日目
世界遺産ドブロブニク観光。ジブリの魔女の宅急便の聖地らしい。
a0255911_2133939.jpg

a0255911_2143628.jpg

a0255911_2152514.jpg
a0255911_214587.jpg

納得の海の青さと屋根。
a0255911_2154095.jpg

クロアチア最古の薬局らしい。ヨーロッパでは3番目に古いとか。


世界遺産としての華やかさが観光ツアーでもプッシュされる一方で、ボスニア紛争ではセルビア・モンテネグロの連合軍に7ヶ月間包囲され、激戦地になっている。遺跡保護のため非武装だった同市で義勇軍が編成され、海陸で防衛戦を展開していた。「Memorial Room of the Defenders of Dubrovnik」では犠牲になった兵士らの写真や装備の一部が展示されている。
この日ガイドしてくださった人の弟も戦死したという。


7日目
ボスニア・ヘルツェゴビナに入り、モスタルとサラエボを見学。
この辺まで来ると発音などにロシアっぽさが出てくるのでロシアのタバコもないかなーと思ってトイレ休憩の時に売店の店員に
俺「あーえんぐりっしゅおk?」
店員(えーないわー俺この国の人だしさー的なこと)
聞いてみたけど通じなかったのでうろ覚えロシア語で話しかけてみた。
俺「ぅろっしゃーとばっちぇー、しゅぴーちぃき」タバコジェスチャー
店員(ああー。ないよ)
俺「うあああああああ(AAry」



とかしつつ市街地に入ると、第一印象は「弾痕の数がケタ違い」であった。
a0255911_2593318.jpg

a0255911_246521.jpg

「注意 危険なため立ち入り、付近の駐車禁止」の看板。


a0255911_2472841.jpg

a0255911_2481828.jpg

モスタルの中心にある橋。紛争中に砲撃で破壊されたが川から引き揚げられた石で復元され、世界遺産に登録されている。橋のそばには「1993年を忘れるな」の記念碑。


同業者同士で街を形成しているのが特徴。金物屋街にはお約束の薬莢細工の工芸品やら、錆びたAKやシュマイザーのマガジン、MG34の機関部が売られていた。銃剣も、ポーランドやソ連製のAKM銃剣に混じって初期AK47用や各種小銃用まで鈴なりになっていた。
a0255911_2495784.jpg

安全なお部屋でPCの画面越しに戦争を眺めて義憤にかられる意識の高いやつもいれば現地で商いをする人々もいる。世界とはそんなものだったヨー・・・
そしてサラエボへ。
a0255911_253555.jpg

WW1の引き金になったサラエボ事件の現場。暗殺者の青年の立っていた場所からの眺め。
a0255911_302699.jpg

a0255911_321096.jpg

日本人的にはオーストリアの方が名が知れてるので「皇太子が暗殺された」という見方が強いけども、少なからず住んでいるセルビア人からすれば祖国奪おうとした手先を倒した事件なので今でも暗殺者の青年を英雄視する人はいるとか。

庁舎ビル。
a0255911_36413.jpg

紛争からの立ち直りは進んでいるようで、観光地としても充分見て回ることができた。
軍人さんが歩いてたけど最近はMARPAT着てるのね・・


炎上する庁舎ビルとか市民が標的にされるので道に延々と鉄板が立てられてる光景を参考にしたくてググッたけど、スナイパーFPSの動画ばっかヒットするので軽く絶望した。世界とはそんなもんだったヨー・・



a0255911_3272350.jpg

まさか生きてる間に国連軍とセルビア人勢力が衝突した空港を実際に利用するとは思わなかった・・管制塔も修復されてるけどニュース映像で見た当時のもの。横目にサラエボを辞し、イスタンブール経由で日本に舞い戻った。

a0255911_3281355.jpg

東欧よさらばー!

帰りの機内ではずっとニンジャスレイヤー読んでました。
あ、おみやげありますよ?
[PR]
by borzaja | 2013-02-18 03:55 | 日常 | Comments(0)

ゴボウケンソルジャー訪欧編(1〜3日目)

大陸は広い・・・・
ごぼけんです。



サテ最後の更新から1週間と経ってしまいましたが、本日無事帰ってこられたので更新再開ですよ。
a0255911_0233224.jpg

東欧暗躍の記録・・!

a0255911_030715.jpg

往路は関空〜イスタンブール〜ヴェネチアというコースなので一貫してトルコ航空を利用。最近サービス向上キャンペーンをやってるらしく、機内食はけっこう美味であった。
俺「き、貴様は!」
まさかこんなところで「笑い牛事件」の彼に遭遇するとは思わなかった。そう、名うてのハッカーによって次々と・・・いや、あれは牛じゃねえな。まあいい、とにかくオヌシをカラテで倒す!読みかけのニンジャスレイヤーをカバンに突っ込むと無事に完食した。危ない戦いだった・・あと1秒遅かったら勝敗は分からなかった。
このように決戦の1週間が始まっていったのである。


a0255911_0352899.jpg

まずはイスタンブール。東西の文化が交錯するこの地は多様な文化と歴史に支えられている。
けど乗り継ぎするだけなので、空港内の免税店で「やっぱ欧米のタバコは"喫煙は(Youを)殺す"て書いてあんだな」ということを確認しただけだった。


俺「いたりあー」
a0255911_0373322.jpg

思えばガンスリも終わったしイタリアも行きたかったんだよね。スロベニアに入る前にトリエステで昼食をとったので、イタリアもさりげなくカバーすることができた。しかしひどい霧で撮影どころではなかった・・


a0255911_0392740.jpg

トリエステで食べたミートローフ。おいしゅうございました。
俺「もちろん最後にあれ来るよね?その、ドルチェが」
店のおやじ「Dorche....bravo...」(グッジョブAA略
俺「お、おぅ」


a0255911_0434067.jpg

そしてスロベニアへ。共産趣味にはたまらんアパートが立ち並んでいてよかった。
あとオーストリアが近いせいか、店員さんの仕事ぶりもドイツ気質というか丁寧で良かった。


a0255911_0444140.jpg

最初の宿。非常に怪しげなアトモスフィアを醸し出している。


a0255911_0453461.jpg

エレベーターに1968て書いてあったんだけど設置年度・・じゃないよな・・メンテしながらなら長持ちするものなのかな・・片時も油断できない暗躍にはピッタリなアイテムだったけど、古いエレベータで連想したのがアレだったので乗る時は戦々恐々としていた(

実際やたら軋んでいた。


3日目
a0255911_0491787.jpg

この日はスロベニアはポストイナにある世界トップクラスの規模を誇る鍾乳洞へ。数kmに及ぶコースと音声ガイドつきで実際楽しめる見学だった。地下郵便局とか電灯の導入、導入は世界最古級という地下トロッコ列車(現代は電動。そしてまさかの線路が複線だった)もさることながら、そのスケールにただただ圧倒されたのですよ。
規模がすごすぎてiPhoneのカメラではすごさを伝えきれない・・


a0255911_0554985.jpg

3日目夜はけっこうな雪が降った。ウシャンカが役に立ったぜーと喜んでいたが、4日目以降がいちばん酷使されたのであった。

明日つづく
[PR]
by borzaja | 2013-02-17 01:17 | 日常 | Comments(0)

出発直前

ハイクを詠め、カイシャクしてやる
とにかくオヌシを、カラテで倒す
ごぼけんです。



サテとうとう出撃の日が来てしまいましたよ。卒業旅行のなぁ!
行き先は旧ユーゴスラビア、スロベニア〜クロアチア〜ボスニア・ヘルツェゴビナですよ。
俺「すげェ、第三次大戦だ」
まさか自分の一生の間にサラエボに入るとは思わなんだ・・・まあボスニア行くの最終日だし、内戦収束して復興も進んでるので90年代のジャーナリストが撮ったような光景はほとんど見られないでせう。景勝地も多いので普通の観光旅行をしてくる予定。しかし、将来ウェポンを取り扱うかもしれない職業人としては東欧で暗躍してみたいのも事実(
こないだすずめ曹長やフォロワーさんたちと焼き肉も行けたし、曹長と昭五式あわせもできたので悔いはない・・
俺「そうなんだ、じゃあオレ髪を遺して出発しますね」
す「や、そういうのいいから。ちゃんと帰ってこいよ」
俺(すずめ曹長が珍しく焦っている・・)
ひょっとして、なんかあるとすぐ死ぬと思われているのだろうか。あながち間違いではないかもしれない。
とりあえず今週は荷造りに追われた。なんか天候悪くて気温マイナスになりそうな予感だったので肌着類を重点的に鞄に詰め、73式の荷台に乗せられた時に活躍したウサギ毛皮の防寒帽も装備。ヒマつぶし本はさんざ迷った挙句ニンジャスレイヤーに落ち着いた。ゴジュッポ・ヒャッポ!

というわけで日記とかTwitterがしばらく沈黙しますが帰ってきたら画像うpするぞー!







とかいいつつ向こうで事件に巻き込まれたら「XXするぞー!」みたいな文章がTVで大写しになっちゃうんだろうな(
それはスゴイ・ハズカシイ!
[PR]
by borzaja | 2013-02-09 10:57 | 日常 | Comments(0)

ゴボウケンソルジャー訪欧編(前日談)

すずめ曹長やフォロワーさんたちと焼き肉食べにいっちゃったけど同時に疲れたので日記は適当に更新して寝よう。ごぼけんです。



こないだの写真をいじってたら7〜80年代の映画ポスターみたいなのができた。
a0255911_1475783.jpg


映像化予定?ねぇよ!
[PR]
by borzaja | 2013-02-07 01:48 | 日常 | Comments(0)

February sees an armed uprising with the Demon's absence



節分ですよ。ごぼけんです。



今日もアンタントコでコス撮影してきましたよ。二月だからってのと、すずめ曹長が購入した個人業者製昭五式軍衣が到着したので是非キャラ合わせをやろうということで濃いい時間を過ごせたのでレポ。
a0255911_0274099.jpg




今日の装備
a0255911_1381212.jpg

昭五式に軍帽、三八式&ゴボウ剣。もうなにも怖くない。



経観塚警備隊集合写真
a0255911_1513529.jpg

アカイイト全然関係ないがほどよい架空感が良いので名前ばっかり登場する経観塚(
去年末は将校やったけど兵卒もいいなぁ。



「いつもッ!ニコニコッ!貴方の陣地に這いよる日本兵ッ!」
a0255911_149513.jpg

警備隊の戦意は旺盛だ!



日本軍レイヤーの多くは着剣すると目つきが変わることはよく知られている。
a0255911_262580.jpg

座り撃ちやったあとなので服やら装備が上に寄ってるが、この上にいっぱい着いてる感もWW2アジア系装備の良いとこな気がする。



お約束、「どっかを指差す軍装キャラ合わせ写真」
a0255911_124083.jpg





この画像群の行き着くところ・・そう、せつぶん、というイベントだ。



a0255911_211551.jpg

a0255911_2561567.jpg

鬼はアァーーッ!!掃討オォーーッ!!!
押し寄せる暴力と狂気!降り注ぐ弾丸は鬼打ち豆か豆鉄砲か!
東亜の商都大阪を征く警備隊の勇姿をしかと見よ!
のちに同時撮影した1枚がツイッターにうpされ、新記録300RT越えを記録した。




鬼を掃討し終わったあとの経観塚警備隊員たちの笑顔。
a0255911_2352732.jpg

ひと仕事やり遂げた顔である。このやってやったぜ感あふれる素晴らしいショットに、すずめ曹長は
「俺こんな口元悪そうやったっけ・・」と賛辞の言葉を贈った。



というわけで、一度やりたいと思っていたネタを完遂することができた上に、多数の写真やRT記録などの実りを得ることもできた。なので不思議な心地よさに包まれながらこれを書いている・・
これは、一生の思い出というか宝物ですな。
a0255911_2155095.jpg

[PR]
by borzaja | 2013-02-04 03:10 | 日常 | Comments(0)

あったかいし外出する

今日も同志んとこ行ってきましたよ。
ごぼけんです。


店主さんが誕生日近かったので曹長がプレゼント用意してたりとパーティ気分で楽しんできましたよ。あと某カントクから荷物が届いたのでそちらをレビュー。

a0255911_20575949.jpg

a0255911_2161531.jpg

九九式破甲爆雷(レプリカ)。その形状から「亀の子」と呼ばれた皇軍の対戦車吸着地雷(洋書でもタートルマインと通称が書かれております)。
モンロー効果とか全然使ってないのでブ厚い装甲を破る時は6つくらい重ねるのです。
「てめえらに見せるヴァルハラはねぇ!」とか叫びながら冷蔵庫相手に対戦車教練をする予定。



a0255911_2101523.jpg

三式の階級章。階級は一等兵。九八式にいっぱい貼るために購入。



a0255911_20551674.jpg

禁断の皇軍アイテム。星秘膏。
詳細は一個前の日記で・・!→■



a0255911_2104115.jpg

カントクの新刊。ストパンの末期戦なお話やらステキな国民帽談話がてんこもりです。
別にストパン嫌いでないはずなのに皆して残虐な最期を迎えちゃうあたりカントク末期的・・!



a0255911_2123063.jpg

ゲートル。何本あっても損はない。兵卒から将校、銃後の皆さんもまっきまきだぜ?
いまのところ初期カーキ色の陸軍用が1組、警防団用1組、国鉄or警察用1組なのでまあ使える感じ。
これは昭和18年製のデッドストック。すずめ曹長にあげたのが昭16年くらいだった気がするから良い感じにバリエーションが揃いつつある。



いっつも国防色な軍服ばっかうpしてるのでたまには戦後のものを紹介・・といっても冷戦期だけどなぁ!
a0255911_2052451.jpg


a0255911_20532937.jpg

J隊旧迷彩装備に身を固めた同志K氏。マジで背嚢まで固めてるので見ものだった・・ブースで撮ってたのでそのうち装備解説本あたりが出るやもしれませぬ。

いやぁ荷物届いてまたしばらくいじって過ごせるのう。部屋も整理して広くなったので服の補修もチクチクやる予定。引っ越しまでに荷物増やしたくないって言ってたはずなんだけどな・・・w
[PR]
by borzaja | 2013-02-01 21:08 | 日常 | Comments(0)

「星秘膏」レビュー

占領地の農民から小豆を安く買い叩き、粗悪な羊羹を量産し私腹を肥やす人間の屑である
ごぼけんです。


サテ今日ご紹介するのは皇軍の色んな意味で秘な兵器、「星秘膏」です。
a0255911_19382887.jpg

a0255911_19413666.jpg

ばばーん。

見たところは小さいチューブです。昔の模型に入ってた接着剤くらいと言えば伝わるでしょうか。黄色いボール紙でできたパッケージで、表に品名と「陸軍需品廠・陸軍衛生材料廠」のプリント、裏には仕様法が書かれています。
用法の読めた方はピンと来たかもしれませんが、そう、これは日本軍の性病予防薬です。
日本軍の慰安所必須アイテムと言えば「ゴムかぶと」やら「サック」やら色んな名称で呼ばれたコンドーム(「突撃一番」、「完勝」などなど)が有名ですが、星秘膏はコトに及んだあとに消毒のためにアソコに塗る薬のようです。これで新地の夜も安心やで兄弟。(東京都薬剤師会のホムペで調べたら目的詳細略してあってワロタ)
いちおう裏面の仕様法を書いておくと・・

1.済ンダラ速カニ排尿シ水デヨク洗フ。
2.チューブノ口ヲ針・マッチ軸木等デ突キ穴ヲアケル。
3.薬ノ1/3量ヲ尿道ニ注入シ軽ク押エテ揉ム。
4.残りの2/3ハ局部ニヨク塗ル

済んだらってなんかすげぇ生々しいなオイ・・・(。説明書きが以上なので主成分がどうとかは分かりません。キャップがついているバージョンもあり、それは2番目の手順が省かれています。さすがにコレを全バリエーション押える猛者はいないだろう・・

慰安所といえば市井でなんか騒がれてますが、オ〇ホやダ〇チを大正期から頑張って試作してんのに兵隊が誘拐強姦するの予防するために組織的に人さらいするって合理性の面から見てどうなんすかって気はしますね。声高に主張する韓国に至ってはキーセン制度いけいけでしたし。
まぁここで述べることではないのですが、そんなことより陸軍が試作したオ〇ホとかめっちゃ見てみたくないですか。ちなみに甲型がダ〇チ、乙型がオ〇ホです。大正期は甲乙ですが昭和に入ると丙が追加されます。使用状況が全然分からないので、怖いというより一周回って擬人化とかしてみたいですのw。たぶん擬人化すると将校向けと兵下士官用で肉付きとか胸の大きさが全然違うのでせう。禁断の科学で完成しちゃった超高性能美少女甲型が自我を持ってしまい、助け出した一兵卒と一緒に大陸で逃避行を繰り広げるというところまで妄想したので誰か同人あたりで描いてください。


・・・・なんか品が無くなってきたのでそろそろ終わりとしませうか。
最後に三式の階級章と大きさ比較です。
a0255911_20301824.jpg




うおお忘れてた!未使用だからな!使用済みじゃないからな!
a0255911_2030538.jpg

染〇軍装店とか前〇軍装で4k〜6.5k円で売られててワロタ。おまいら毎回たけぇよ・・w
[PR]
by borzaja | 2013-02-01 20:52 | 装備品・リエナクト | Comments(2)